要するに「鶏が先か卵が先か」という言葉は答を出すためのものではなく循環する物事を表現するときに使う表現なの。

今,この世の中で最も大切な能力のうちの一つが,バランス感覚。そう言い切ってもいいわ。まあ,一口にバランス感覚とはいっても,色々な要素があるんだけれども。  例えば,ゲイムを作るのに必要なバランス感覚とは,そのゲイムのオリジナリティとゲイム性の調和だったり,難易度の調整だったり,プレイする側の立場に立って面白いかどうかを判断する力のことでしょうな,きっと。一方,ゲイムをヒヒョーする立場のバランス感覚とは,自分の嗜好に基づく感想と,大衆がプレイして抱くであろう感想との両方を,偏らずに,場合によっては意図的に偏らせて伝える能力ね。  そして,社会人としてのバランス感覚とは,自分という「個」と「世の中全体の中での個」をどれだけ意識して,自分の立ち位置を決めることができるか,要は人間関係を築くためにどういう行動がとれるかの感覚だと私は思うのよ。 これを読んでいるあなたは,冒頭から何を訳の分かんないことを書いているんだ,トチ狂ったかゲイレスラー?と思うことでしょう。私が一読者なら間違いなく思う。 えっと,結局何が言いたいかというと,さまざまな選択肢や問題点がある物事の中で,ベストとは言わないまでもベターな立ち位置をチョイスできる能力こそが,言いたいことも言いづらいこんな世の中で,一番必要とされる能力なのではなかろうかと私は考えるわけであります。今から先生はほとんどの読者にとって,まるで関心のないであろう話をする。覚悟はいいな? えー,先生はこの度……こらこら大久保,先生が口を開く前から冷やかすんじゃない! 言いづらくなっちゃうだろ? な。では,あらためまして。えー,私は先日の後楽園ホール大会でベルトを獲ってしまいました。  ここでいうベルトとは,ズボンがずり下がるのを防ぐためのベルトではなく,タイトルマッチに勝ったその団体内で一番ステキな人が巻くことができるという,あのチャンピオンベルトのことね。いうなれば,自分の会社の中で一番の営業成績を残したわけですね。ホストでいうとNo.1になった感じ。  そうはいっても,私がベルトを獲ったからといって世の中の何が変わるわけでもなく。この連載の原稿料が上がるわけでもなく,締め切りが延びるわけでもなく。ただ,強いて特典があるとすれば,担当さんにいまだ払えていないPlayStation Vita代金が若干うやむやになったかな,と。いまだ無銭プレイ中)。 さて,なんでベルトを獲った話をしたかというと,ちょっとだけ自慢したかったのと,これを機にゲーム系エゴをプロレスに持ち込もうかなと思ったからなのね。  というのも,私の所属するDDTプロレスは,なんと今年8月18日(土)に日本武道館で興行を行うの。で,その日まで私がベルトを持ってようもんなら世界初! ゲイレスラーが日本武道館で行われるプロレス興行のメインに立つ! という大惨事が起こってしまうわけ。なので,日本の武道とはなんたるかを満天下に示すべく,あと半年頑張るとするわ。 で,私にはちっちゃい夢がいくつかあって。  その一つめはビッグマッチのメインイベントが始まる前,控室に誰かが私を呼びにきた時に「くっ! ガッツが足りない!」か「へんじがない。ただの しかばねの ようだ……」か「ふんぎりがつかんな」のどれかを言って,その試合をボイコットすること。  そしてもう一つは,ビッグマッチメインでの入場曲をコーエーの「三國志」シリーズのオープニング曲をイントロとして流すことなの。「ちゃーちゃーっちゃちゃちゃちゃちゃちゃーちゃー ちゃちゃちゃーちゃーちゃちゃちゃちゃちゃー」ってやつ。あれ,三國シストだったら超テンション上がるじゃない。どっちでもいいから,どっちかはやろうと思うわ。その際は見にきてね。 今の世の中,声がでかい人のほうが得するケースが多々あるわ。  ブログが流行り出した頃からそういう傾向は目立ち始めていたんだけど,Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの隆盛によって,それはより確固たるものになったと思う。要するに,ネット上で文字化されることによって,自分の意見が世の中に反映されやすくなったってこと。 面と向かって言いにくいことでも,ネットの文字でなら言える。現実では口下手な人が,ネットでは雄弁に自分の意見を語ることができる。そういう時代になったのよね。別に良いとか悪いとかの話じゃないわ。新しく生まれてくる文化どう使われるかで,どちらにも転ぶ。それだけのことよ。  ただ,ネットで積極的に意見を発する人ばかりかというと,そういうわけでもない。割合は知らないけど。ただそういう状況下,ネットで自分の意見を述べることができる人のほうが,ネットで意見を述べない人に比べて高い評価を受けやすい世の中なんじゃなかろうか? という私個人の見解が,冒頭の「声のでかい人のほうが得をする」ということにつながるわけね。  簡単に言いましょうか。例えば,何かミスした人がいるとする。その人がネットで「反省してます」と言えばそれを見た周囲は「反省しているんだな」と思うわけです。逆に,いくら反省していても,ネットで発信することをしない人は,周囲からは「反省してるかどうか分からない」と思われてしまう,もしくは何とも思われない。  こういう点を見ても,やはり「声がでかい人のほうが得」と言うことができるんじゃないでしょうか。繰り返すけど,良し悪しの問題じゃないのよ。それが電脳社会の持っている特性なの。うまく使うかどうかは本人次第。現実社会ではユーモアに欠ける印象を持たれていても,ネット上ではめちゃくちゃ面白いっていう人は確実に存在するわよ。「鶏が先か,卵が先か」という話をしたんだけど,今週はこのことわざから始めようかと。  この言葉には,二つの意味があるの。「大きな事を成し遂げるには,小さな事にも気をつけて油断してはならない」という意味と,「大きな事を成し遂げようとするときは,小さな事に構わないほうが良い」という意味。この二つの意味を比べてみて,気付くことがあるわよね。 一体どっちやねん。「気をつけろ」と「構うな」では意味が正反対だわ。それを一つの文章で使い分けるなんて,日本語ってなんて難しいのかしら。  ちなみに今,私はこの連載の締め切り時間に追われているわ。原稿が間に合わなければ当然連載はお休みになってしまうし,そんなことになれば担当編集が容赦なく言葉責めを仕掛けてくるわ。 そして,ののしられた精神的ショックで夜な夜な街で泥酔し,好きでもないノーマルな男性を同じ精神世界に引きずり込んで,結果ねずみ講的に世の中の男色化が進み,それを重く見た政府が男色禁止法を制定し,それに反対する組織が武装蜂起して国会議事堂を性圧もとい制圧。一方,政府側も自衛隊を投入してこの反対性力もとい勢力を抑えようとするが,男色化は国家中枢にまで広がっており,自衛隊までもが二分され,戦いは日本全土を巻き込んだ一大事件へと発展してしまうでしょう。これを大事と言わずになんというのか。ちなみに,お話の続きでは次にアメリカが介入してきて最終的には新型モビルジャケットで公国と連邦の一年弱戦争が描かれるんだけど,ここら辺はもういいよね? 要するに私は今,締め切りに追われるという大事を迎えているのです。その大事の前には小事は放っておけ,と言いたかったんだけども,どうやら意味が二つある。でもまあここでは「放っておけ」を使うんだけどね問答無用で。 では,小事とは何か。約束のことよ。というのも,これまた先週,「アンチャーテッド -地図なき冒険の始まり-」と「迷宮クロスブラッド リローデッド」を取り上げると予告したわ。しかし! 今の私は大事を迎えているわけで。なのでここだけの話,今週はとりあえず,アンチャーテッドをまだプレイしていないことを隠さなきゃいけない。じゃあせめて,迷宮クロスブラッド リローデッドについてだけでも書けばいいじゃないかという声も聞こえてきそうだけど,片方だけを取り上げてしまえば「あれ? そういえばアンチャーテッドは?」と思われることになってやぶ蛇なわけ。  だから,ここはしれっと約束を忘れてたフリをして,泣く泣く別のゲイムで誤魔化すしかないの。念を押すわよ。ここで一番大切なのは,アンチャーテッドのみならず,ほかのゲイムもまだプレイできていないってことを読者に悟らせないこと。だから,ドサクサにまぎれて別のゲイムをプレイしようと思うのです。今から。できれば最新のやつを。「鶏が先か,卵が先か」。 これは,鶏は卵から生まれるけど,その卵を産むのは鶏で,じゃあどっちが先にこの世に存在していたんだろう? という因果性のジレンマのことね。実際問題どっちが先なのかは,私には分からないわ。進化論的にいうと,鶏じゃないものから鶏に進化したことになるわけだけれども,たぶん進化の途中で突然変異が起こったんでしょうね。鶏じゃない生物が鶏の卵を産んで,その卵から鶏が生まれたのかもしれない。 ということは「卵が先か鶏が先か」という質問の答えとしては,卵が先が正解なんだと思う。たぶんだけど。 ただ!日本語っていうか言葉って難しくて,「鶏が先か,卵が先か」的な表現は,そういう意味で使われるのではないのよこれが。回り回る原因と結果のどちらが先に生まれたのだろうという意味で使われるものなの。簡単に例えるならば,人気があるから露出が増えるのか,露出が増えるから人気が出るのか。どっちが先か分からないでしょ。ほかにもあるわよ。私の同僚のプロレスラーで,この連載にもたまに出てくる中澤マイケルの名言に,「サプリメントの副作用はサプリメントで治す」というものがあるんだけど,これもその一種と言えなくもないわ。まあ,これは彼が本業であるはずのプロレスよりも,サプリメント方面により異常な情熱を燃やすからこそ出てきた名(迷)言なんだけどね。このパラドックスも,疑問自体は解決できるわよ。一番正しい答えは,「そもそもサプリメント飲まなきゃ副作用も出ないだろ!」だから。もっと正しい答えは「プロレスやんなきゃサプリメント飲む必要もないだろ!」だが。 でも,それを言ってしまうのは無粋。要するに「鶏が先か,卵が先か」という言葉は,答を出すためのものではなく,循環する物事を表現するときに使う表現なの。  そう考えると,古の時代より新婚夫婦が使うとされる「食事にする? お風呂にする? それとも?」も,その一例なのかもしれないわね。たぶん違うけど。