XPPENのおすすめ液タブ5選!特徴やメリットを徹底解説。初心者向けからプロフェッショナルまで

【PR】

近年、デジタルイラストやデザインの分野で液晶タブレット(液タブ)の人気が急上昇しています。数あるメーカーの中でも、XPPENは高品質かつコストパフォーマンスに優れた製品を提供していることで知られています。本記事では、XPPENのおすすめ液タブ5選をご紹介し、それぞれの特徴やメリットを詳しく解説します。これから液タブを購入しようとしている方や、買い替えを検討している方にぜひ参考にしていただきたい内容です。

1. XPPEN Artist Pro 16TP

まずご紹介するのは、XPPENのフラッグシップモデルともいえる「Artist Pro 16TP」です。このモデルは、プロフェッショナルなデザイナーやイラストレーターに最適な一台です。

主な特徴

  • 16インチ4Kディスプレイ4K解像度(3840 x 2160)のディスプレイは、細部まで鮮明な描画が可能です。色再現性も高く、Adobe RGBカバー率が99%という広い色域を誇ります。
  • タッチスクリーン:10点マルチタッチに対応しており、直感的な操作が可能です。指でのズームイン・ズームアウトや回転ができるため、作業効率が向上します。
  • 高精度のペン:バッテリーフリーのX3 Eliteスタイラスは、8192レベルの筆圧感知と傾き検知機能を備えており、繊細な表現が可能です。

メリット

このモデルは、ディスプレイの解像度と色再現性の高さが最大の魅力です。プロフェッショナルな作業環境に必要な機能をすべて備えており、ストレスなく制作に集中できるでしょう。

 

2. XPPEN Artist 24 Pro

次にご紹介するのは、「Artist 24 Pro」です。こちらは、広い作業スペースを求めるクリエイターに最適な一台です。

主な特徴

  • 23.8インチ2Kディスプレイ:2K解像度(2560 x 1440)の広いディスプレイは、大きなキャンバスを必要とする作業にぴったりです。sRGBカバー率90%と、色再現性も十分です。
  • エルゴノミクスデザイン:調整可能なスタンドが付属しており、最適な作業姿勢を保つことができます。また、VESAマウントにも対応しているため、モニターアームに取り付けることも可能です。
  • ショートカットキー:20個のカスタマイズ可能なショートカットキーと2つのホイールが搭載されており、作業の効率化に貢献します。

メリット

広いディスプレイと多機能なスタンドにより、長時間の作業でも疲れにくい設計が魅力です。多機能なショートカットキーを活用することで、作業スピードもアップします。

 

3. XPPEN Innovator 16

「Innovator 16」は、そのスリムでスタイリッシュなデザインが特徴のモデルです。持ち運びしやすく、外出先でも使いたい方におすすめです。

主な特徴

  • 15.6インチディスプレイフルHD解像度(1920 x 1080)のディスプレイは、鮮やかな色再現と広い視野角を提供します。薄型のため、場所を取らずに使えるのもポイントです。
  • 超薄型デザイン:わずか9mmの厚さで、持ち運びが容易です。ノートパソコンと一緒に持ち歩いて、どこでも作業ができます。
  • デュアルダイヤル:ユニークなダイヤルデザインにより、精密な操作が可能です。カスタマイズも容易で、作業のスムーズさが向上します。

メリット

薄型で軽量なデザインは、モバイルワークにも最適です。デザイン性と機能性を兼ね備えた一台で、どこでも快適に作業ができます。

 

4. XPPEN Artist 12 Pro

「Artist 12 Pro」は、コストパフォーマンスに優れたエントリーモデルです。これからデジタルイラストを始めたい方や、予算を抑えたい方にぴったりです。

主な特徴

  • 11.6インチディスプレイフルHD解像度(1920 x 1080)で、コンパクトながらも鮮明な画面を提供します。狭いデスクでも設置可能です。
  • レッドダイヤル:カスタマイズ可能なレッドダイヤルと8個のショートカットキーを搭載しており、効率的な作業が可能です。
  • バッテリーフリーペン:8192レベルの筆圧感知と傾き検知機能を持つペンは、自然な描画体験を提供します。

メリット

このモデルは、初めて液タブを使う方や、サブディスプレイとして使用したい方に最適です。手頃な価格ながら、機能性も充実しており、デジタルアートの世界への第一歩としておすすめです。

 

5. XPPEN Deco Pro

最後にご紹介するのは、「Deco Pro」です。これは液晶タブレットではなく、ペンタブレットですが、その性能と価格のバランスが非常に良いモデルです。

主な特徴

  • 11 x 6インチの作業領域:広い作業領域を提供し、細かい作業にも対応できます。薄型で軽量なデザインは、持ち運びにも便利です。
  • デュアルダイヤル:デュアルダイヤルシステムにより、細かい調整が可能です。スムーズな操作性を実現しています。
  • バッテリーフリーペン:8192レベルの筆圧感知と傾き検知機能を持つペンは、自然な描画体験を提供します。

メリット

液晶タブレットに比べて価格が抑えられており、高性能なペンタブレットとしての価値が高いです。液晶タブレットはまだ早いと感じる方や、予算を抑えたい方におすすめです。

 

まとめ

XPPENは、初心者からプロフェッショナルまで、幅広いニーズに応える液晶タブレットを提供しています。高解像度で色再現性に優れた「Artist Pro 16TP」や、大画面で使いやすい「Artist 24 Pro」、持ち運びに便利な「Innovator 16」、コストパフォーマンスに優れた「Artist 12 Pro」、そして高性能なペンタブレット「Deco Pro」など、それぞれのモデルが持つ特徴とメリットを活かし、自分に最適な一台を見つけてください。

液タブ選びは、自分の作業スタイルや用途に合わせて選ぶことが重要です。この記事が、皆さんの液タブ選びの一助となれば幸いです。デジタルアートの世界で、あなたの創造力を存分に発揮してください!

 

液タブの購入を検討している方や、

より詳しい情報は、ぜひ公式サイトをチェックしてみて下さい。

 

【XPPEN】

●公式サイトはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

.