家庭の事情ではないうちの子は給食を与えるべきではないと思う技術のある歯科医で

ドリブルありきのプレースタイルでボールを持つ時間が長い。 敵守備からすると、久保はボールを奪える格好のターゲット。細かい怪我も絶えない。 久保はボールを持ち過ぎず、シンプルに味方を利用したプレーを心掛けて欲しい A代表でも三笘は4試合で3ゴールの結果なのに対し、久保は16試合でノーゴール。 再三指摘してる点、「オフザボールの時に敵の背後に回るポジショニングとボックス内に入る動き」で、パラグアイ戦でも二人の違いを表す場面があった 三笘のゴール場面では、原口が中央でボールを持ってる時に、パラグアイの守備はみんな中に寄って原口に視線が集中。三笘はそれを利用して、DFの背後の大外で待ち、ボックス内でドフリーの状況を作った。ワンタッチから楽々とゴール 久保はその動きが出来ない。ボールを持つ味方に直ぐ寄って行ってしまう。だから久保は敵の視界に入ったまま、ボックス内でフリーでパスを貰えない蚊によく刺される。家の周りの緑が減ってジャングル状態の我が家に集中する事もその理由の一つだが、兎も角刺される。休日等に蚊取りラケットを使って「駆除」すると100匹以上捕れる事もある。 昔、TVで蚊の生態を研究している小学生が、自分と妹を実験台にして刺され易さを探った「研究」を見た事があった。それによると足の裏の常在菌の多寡で刺され易さが決まるという結論だった。 刺され易い我が身としては、その研究が正しいかどうかが気になってしょうがない。叩き方より刺され易い人はどんな人か、きちっとした研究は無いものだろうか。世の中には変わった研究をしている人も多いが、この研究は刺される事の防止にも繫がるし、イグノーベル賞的ではない真っ当な研究になると思うのだが。気づいた瞬間叩き潰して、患部を強くつまんで絞ってアルコール消毒した方が痒みも腫れもは少ないよ。 わざわざ最後まで吸わせてやる義理もないでしょ。 途中で叩いて針が残り伝染病を起こす確率と、最後まで吸わせて唾液を散々注入されて伝染病を起こす確率はどちらが高いんでしょうね? どちらも同じ程度の確率のような気がする。 同じなら経験的に速攻叩き潰して、つまみ絞った方が痒みは圧倒的に少ない。 絞ってる時は痛いけどね。 あと、刺された患部に「あっつ!」となるまで(ヤケドしない程度で)タバコの火種を近づけると、以降の痒みが無くなるのはどういう原理だ? 原理はわからんけど、不思議と即効で痒みが消える。二宮さんの演技はとても自然で、素晴らしいといつも感心します。 「どんな現場でも楽しいと思うことはあまりなくて、働くことはしんどいことも多い。それはもう皆さんと何も変わらない。でも唯一この職業で救われるのは、見ていただいた方から感想を頂くこと。これが、本当に救いであって、やりがいなんですよね」 というコメントも、人間らしく、共感が持てます。 これからの活躍がますます期待されます。 体に気をつけてください。確かに、日本のドラマ。映画、撮影現場は、開始終了時間があってないようなもの。ですが、その過酷な環境で働かせる、当然ですが、演者以外のスタッフも同じ時間拘束されても、給与が倍になる訳ではない。アメリカは、先ず「ユニオン」に加盟して、オーディションを通過しないと、エキストラも使いませんし、労働時間は8時間迄と厳しいルールがあります。日本の現場も改良する点は腐るほどある。睡眠時間を削り撮影に臨むのは厳しいでしょう。午前3時に撮影が終わって、次の撮影開始が、午前5時なんて言う「デタラメ」なスケジュールがまかり通る悪しき習慣を変化させないとね。子供の頃から今も牛乳が苦手で 飲むとお腹を壊すんですが、それでも残してはいけなかったから、最初に一気に飲み干してなかった事にしてましたね 多分この分だとそれでも飲まないといけないって所も今でも結構ありそう 栄養面でクリアしないといけないからって理由はわかるけど、献立によってはある程度基準に達してなくてもそこは現場に任せるって感じにしてもいいとは思いますけどね 1食カルシウムが基準に達してなかったからと言って、何がどうってわけでもないし、米と牛乳って言うのは全然合わないってまででもないとは思うけど、それなら味噌汁の方がいいし、味噌汁あったら飲み物は水程度でいいよね 栄養士さんも毎食そこまで考えないといけないから、当たり前の事とは言え大変だな今の給食を一日の最大の栄養源としている家庭の子が多いと聞く 一食数百円で牛乳迄付いて栄養士さんや調理員さんの努力の賜物で美味しく栄養に注意してくれている 仕事の関係で比較的最近食べたがそれは美味しかった 私たちの脱脂粉乳を強制的に飲まされていた時代とは大違い 出来る事ならお替りしたかった それでも裕福な家庭の子でも親が給食費を拒否する家庭とはどんな親なんでしょう 払っている子供が大半ですがやはり公平を期すために家庭の事情ではないうちの子は給食を与えるべきではないと思う技術のある歯科医で、通常の白いレジンの詰め物をしてもらって耐えています。十万円近くする詰め物も結局は詰め物なので周辺から虫歯が進行するリスクもあるし、周りの歯と固さが違うので自分の歯が痛む可能性がある。それならレジンの柔らかめの詰め物で割れる度に詰めてもらいたい。CADCAMクラウンは、記事にもあるように、奥歯がしっかり残っている等の条件があり、削る歯の量も多い。未だベストな治療法とは言えない気がしている。それでも銀歯よりはいいが、、、。新しい治療法が保険適用されるのは歓迎する自分も、笑うとキラッと見える銀歯が気になり、美観を優先してハイブリッドレジンにしました。保険適用にはなるものの、銀歯よりも治療時間は長かった記憶があります。また、一度入れたら次に同じ歯が保険適用になるには2年掛かるようです。自分の場合、力仕事もしていたせいか1年持たずして粉砕。長い間仮歯を入れる羽目になりました。力仕事をされる方や、歯ぎしりをする方、噛む力が強い方にはお勧めしません。技術は進歩していると思いますが、金属とされどプラスチック素材…。やはり金属(銀)歯の方が強いと思います。保険適用でも結構高い金額を払って入れた歯ですので、持って欲しかったですが無理でしたね。海は誰の物? 漁業者が養殖や種苗育成した水産物を取るのがダメなのは当然である。 自然と資源を守るために、乱獲防止のルールが必要であることもわかる。 海の環境保護に尽力してくれている漁業関係者がいることも知っている。 漁業保護の為に色々言いたい気持ちも少しはわかる。 ただ、現状は既得権が幅をきかせ過ぎな気がします。 一定年数(10年くらい)漁をしなくなったらその漁業制限は廃止又は休止する、新たな漁業権は養殖や種苗育成以外に設定しない、海域の設定は事前に公表して反対があれば認めない、私有地ではない砂浜を立入禁止にしたり協力費を徴収してはいけないなど、既得権が不労所得にできないように権利の確認更新が必要だと思います。去年建った「ファミリー向け」新築マンションに住んでますが、機械式駐車場で収容台数が全部屋の6割で、しかも高さ1500mm以上の車が停められるのはさらに5割ほど。 私の車はコンパクトカーなので難なく停めることができましたが、高さ1500mm以上の方は抽選になり近隣の月極駐車場に案内されたそうです。 その影響もあり近隣の月極駐車場が徒歩5分もかかる場所しかなく、ジュニアシートとチャイルドシートで荷物を積むスペースがほぼないので車を乗り換えたくても買い替えられない。 車もあと7年で10年になって買い替えしなきゃならない時がくるのに自分のマンションや近隣に月極駐車場がなくて焦ってます。 ファミリー向けマンションなのにファミリーカーに全然対応できてないってどういうこと?って思ってましたが、この記事を読んで、設計者が車のニーズのデータを調べずに作ったからこうなったんだなと思いました。一般の人が、漁業権が欲しくても手に入れるのは難しいでしょう。 それは、すでに漁業権が決められているからです。 既得権利なのです。 空いている権利はないのです。 権利を持ている人が手放さない限り、得るのは難しいということです。 漁業権を持っている人が、サザエやイセエビやアワビなどを採ることができるのですが、採って生計を立てている人もいますが、そうではなく、採って知り合いの人に配ったりしたりもします。 生計のためではありません。 これは、まさに独占かと思います。 漁業権を持った勝ちなのです。